読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓦礫屋

芸能人の事。ニュースの話。日常の為になる事。http://karihumi.com/_kari/大事だと思った事。小遣い稼ぎなど、色々載せていきます。

金属には価値がある③

http://youtu.be/SDIS1HCX0WM

日常生活の中で、壊れてしまったら最悪だ!

って言う物は沢山ありますよね。

これ迄話して来た内容では、捨ててしまう物にも価値がある物も存在すると言う話でした。

今回は、その中でも、ある製品を紹介したいと思います。

それは、各ご家庭に必ずと言っていい程設置率が高く、皆さんが良く使われている物です。

それは、エアコンです。

エアコンも売れるんです。

エアコンは、室内に設置してある室内機と、

室外に設置してある室外機で運転が成り立つ物です。

f:id:taja3578:20160309170851j:plain

基本的にエアコンの中身は、金属で出来ています。

まず、エアコンの中には銅の配管が通っています。

部屋を冷やしたり、暖める為に必要なガスが抜けずに通る道と思って下さい。

f:id:taja3578:20160309170918j:plain

そして、室内機・室外機共にラジエーターと呼ばれるアルミで出来た金属が入っています。

室外機の背面に回ると見えると思います。

それがアルミです。

エアコンには、銅とアルミが沢山入っています。

主にアルミですが・・・

そして、良く、エアコンが故障した!

新しく買い換えた!

電気屋さんに設置して貰う。

と言った一連の流れが当たり前の様に行われていますよね。

その際、新品のエアコンを取り付け、故障し、取り外したエアコンは業者さんに処分して貰いますよね。

そして、処分する際エアコンの場合は、内部の配管にフロンガスが含まれているので、リサイクル料金を支払わなければいけません。

フロンガスを、そのまま放出すると、地球に宜しくないので、然るべき処置を施し、フロンガスを回収するという名目のもと、業者さんがお金を取り、捨てるエアコンを持って帰ります。

しかし、それだけの金属を保有するエアコンは、スクラップ屋さんで売れます。

わざわざ、リサイクル料金、家庭用のエアコンで5千円程でしたっけ?

を、払ってまで処分して貰わず、更に売ってお金に変える事が出来るんです。

1990年代から2000年代初頭の、昔のエアコンはそこそこ重たいです。

昔のエアコンは、

室外機30キロ。

室内機10キロ。

計40キロあると言われていました。

更に、エアコンは「上雑品」と言う名称で、1キロ100円前後で売れます。

なので、還暦前後の男性なんかは

「昔はエアコンが4000円で売れた」

とかよく言いますよ(笑)

ただ、最近のエアコンは、昔と違い、軽量化が進んでいる為、4000円と言う収益は望めなくなっていますが、それでも2500円〜3000円位では売れる可能性大です。

総重量と、現在の金属の値段にもよりますが・・・

ただ、この話はグレーゾーンの話です。

金属買取屋さんは、室内機・室外機共にそのままの形で買い取ってくれます。

が、フロンガスはその状態では抜けていません。

なので、中国に船で送り届ける前に、エアコンを機械やらで踏み潰します。

そうすると、エアコンは粉々になります。

更に、大気中にフロンガスは消えていき、証拠も無くなります。

それから出荷されていきます。

ただ、昔、エアコンをそのまま船に積み込もうとした業者が居たらしく、それなりの罰を食らったとか何のやら聞いた事があります。

とまぁ、そこそこ長くなりましたね。

今回はこれ位にしておきましょう。

最後に、皆さんも、エアコンを買い替える時が御座いましたら、リサイクル料金を払わず、お金に変えれると言う頭を持っていて下さい。

良かったら活用してみて下さいね。

また、更新します。

有難う御座いましたm(_ _)m

http://youtu.be/SDIS1HCX0WM